前結び着付け

民族衣装として代表的な日本の「着物」は千年以上の歴史を持つ、日本古来の伝統文化です。 縄文時代の貫頭衣(かんとうい)から、飛鳥時代の唐文化の影響、平安時代の鮮やかな十二単まで日本の歴史の中で、着物文化は私たちの生活と切り離せません。

この日本古来の伝統文化である「着物」が女性を美しく輝かせてくれる最高の衣装であると思います。今では当たり前に着ている洋服ですが、明治の初期に欧米文化が盛んに取り入れられて着用されるようになり、現在では気軽で活動的な服装として定着しています。この洋服は、明治中頃から正式の服装として国事に用いられるようになったようです。何事も便利で簡単な合理主義時代に着物は面倒なもの、高価なものとなってしまったのでしょうか。

でも、今一度日本古来の着物文化を大切に、気軽に着物を着て街に出てみませんか。着物を着た女性に対し人は自然に振り向いてしまいます。着物を簡単に着ることを覚え、素敵な日本女性として輝いてください。